顧客管理お助け隊01 顧客管理お助け隊02 顧客管理お助け隊03

具体化と一般化

あらゆるビジネスにとって、最も大事なのは顧客管理・案件管理の時代になってきました。

というのも、インターネットによって世界が狭くなったと言われた昨今では、消費者の側には大きな変化が生まれました。
それは、選択の幅が大きく広がったということ。
何も消費者は自分にとって一番近いお店を選ぶ必要はなく、インターネットで好きなサイトから好きな商品を選ぶことができます。
また、同じ物を購入するにしても、より自分にとってお得な場所を選び出すことが当然の時代になってきています。

そんな状況においては、ビジネスを行う側としては、いかにして消費者に「選んでもらうか」を決定することが重要です。
そこでは、個別具体的な顧客一人一人に対するマーケティングさえ必要になってきます。そのために必要なのが、顧客管理と案件管理なのです。

顧客管理というのは、簡単に言えば自分と取引のある顧客をきちんと覚えて、その情報を管理すること。
さらに、それぞれの顧客とどんな商談があったのかということを、案件管理としてきちんと整えることも重要です。

顧客管理や案件管理を行うことは、顧客とのやり取りを具体的なものとして次に活かすと同時に、一般化して分析するための足がかりにすることでもあります。
現在のビジネスでは、その両方が求められていると言えるでしょう。

しっかりとした管理体制。これが一番大事なものなんです。案件管理はツールによって管理すればわかりやすく、かつスムーズにできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加